峯月流

りゅうりゅういこう ほおげつ直通 090-6615-4092

受付時間 10:00~22:00

MENU

峯月流について

峯月流について

昭和初期(1920年代)華道、茶道、盆石等も教えていた初代家元稲本雅風は「日本華道研究所」を主宰。子弟の指導にあたると共に、広く全国の華道家との交流を深め、その後「峯月流」を創流、昭和21年2月11日に流名披露の花展を当時の拳母公会堂で盛大に開催致しました。
昭和41年(1966)年2月、雅風の娘・稲本月仙が二代目家元を継承し、47年には峯月流峯月会、峯月流教授会を発足。初代の定めた峯月流基本型の確立と、現代に合わせた花型を多数考案・発表。日本いけばな芸術協会・評議員のちに参与、中日いけばな協会・常任理事、オール愛知華道連盟・理事長、豊田市華道連盟・相談役などを歴任。平成26年11月日本いけばな芸術協会選考により常陸宮邸にて華子妃殿下より直々にいけばな褒賞杯に拝領致しました。

平成17(2005)年2月、月仙の三女・稲本峯月が三代目家元を継承。峯月流峯月会理事長、創流50周年記念行事の実行委員長や、二代目家元が「豊田市文化功労賞」を受賞した折りの華個展・祝賀会開催の発起人などを任された。現代生活に合わせた創作花やレッスン体制の改善、体験教室の開催などグローバルな活動にも力を入れております。

流紋は初代家元が、桂離宮の襖にはめこまれた月形の引き手をヒントに、月の中に「峯」の文字を入れ「峯月」を表現したと言われています。

ごあいさつ

私は月を眺めることが大好きです。夜空に浮かび優しく周りを照らす姿に背中を押してもらえます。また花との対話も大好きです。決しておしゃべりの様には話さないのですが、花の気持ちを汲み取り、どのように花が生けてほしいか、作品をまとめて欲しいかを考え作品を生け上げていくことはとても楽しいです。花と向き合っている時は集中し自分の気持ちに正直になれます。社会情勢が不安な時代ですが少しでも心にゆとりが持てるよう、花を生けるとそこに癒しやリフレッシュ力が生まれることを多くの人に広めたい、そして花を生けることで少しでも何かのお役に立てればと願っております。

峯月流 三代目家元 稲本峯月